よねさんたのお気楽日記
気が向いたときにたま~に書き込んでいきたいと思います。


プロフィール

あかつき81号

Author:あかつき81号
ようこそ、よねさんたのお気楽日記へ





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧


鷹撮工場

☆撮り鉄の部屋☆<<in the kyusyu>>

やっぱり拙いブログ!

はんきゅーの水の都の西国鉄道創作日記!!

多久旅行の見たまま

うみの鉄ブロ

ダブルエーピー青葉



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



雨のキハ47回送
おはようございます。 今日は朝から雨です…。

今日は夕方からの勤務ですので、チビ達を保育園へ送り出した後、
ゆっくりと自室で朝のワイドショー番組を見ていました(笑)

列車の音で外を見ると、キハ47の回送でした!
急いでカメラを片手に、東多久駅に急行します(笑)

前後より撮影開始~(笑)
IMG_4585.jpg

IMG_4587.jpg
【試7852D キハ47-8121  東多久駅にて】

見慣れない姿なので、やはり後部からの姿は違和感があります(汗)

IMG_4592.jpg
【5833Dとの交換】

キハ47-8121の前回の全検は、13-5 となっていましたので、今回は
小倉工場への全検入場でしょうか?

約1ヶ月後には、ピカピカの姿で戻って来てくれることでしょう(笑)

あと駅の掲示板には、唐津くんちの「ホテルトレイン」のポスターが掲示して
ありました。

IMG_4594.jpg

久しぶりに唐津線が盛り上がりそうですね~(笑)


スポンサーサイト

鉄分補給
最近なかなかゆっくりとした時間が無く、記事の更新が出来ませんでした。

先週の週末に、長崎本線にツアー会社主催のブルートレインが入りました。
今夜はその事も含めて、先日撮影した「鉄」の写真を紹介したいと思います(笑)

26日(土曜)は、早朝から嫁さんの実家で農作業の手伝いをしなくては
なりませんでした。 いちごの栽培をしているため、ハウスの中で苗の運搬と
定植作業です(汗) 

例年ならば朝から作業を始めて昼の3時過ぎまで掛かっていたので、
「土曜日の長崎行きブルトレ撮影はおそらく無理だろう…。」と、半分諦めていました。

しかし、今回はお手伝いの方が多かった為か、正午過ぎには大体の作業
は終了しました。 ということで、お昼ご飯も食べずにいつもの「波瀬ノ浦」に
直行しました(笑)

朝から現地で待機してある方に電話で確認をとると、お昼過ぎでも撮影者は
3人とのこと。 思った以上に今回は撮影者は少ないようです(汗)

20分程で「波瀬ノ浦」に到着。 先客の方の間に快く入れさせてもらえました。

まずは、885系「白いかもめ」を撮影します。

IMG_4417.jpg
【885系 白いかもめ SM7編成】

若干白トビしてしまいました。 順光での「白いかもめ」の撮影はなかなか難しいですねぇ(汗)

ブルトレの通過時間まで約1時間。他の撮影者の方々とおしゃべりを楽しみ
ながら今回の撮影も「まったりモード」です(笑)

今回はヘッドマークは残念ながら付いていませんでしたが、それでも撮影できた
だけでもラッキーでした!(祝)

IMG_4485.jpg
【9023レ 多良~肥前大浦 波瀬ノ浦にて】

前面が光の影になってしまいつぶれてしまいました…(汗)
この日の夜は当直勤務でもあったため、ブルトレ撮影でその日の撮影は終了です。
波瀬ノ浦でお会いしました皆様お疲れ様でした!

勤務を終えた翌日の朝、寝台車両の入れ替えの為に長崎入りした、DE10の
返却回送を撮ってみました(笑)

IMG_4497.jpg
【肥前竜王~肥前白石 間】

DE10の通過時間まで時間が無く、アングルも設定できないまま手持ち撮影です…。
この場所は、某テレビ局の取材クルーが撮影していた場所です(笑)

この後は長崎からの上りブルトレを撮影したいところですが、お昼から所用の為
どうしても今回ばかりは撮影できません(涙)

なので、午前中の少し空いた時間で近くの撮影ポイントで俯瞰撮影に出かけてきました。

天気予報では曇りのち雨の予想でしたが、朝からいい天気です。
まさに撮影日和と言ったところでしょうか?(笑)

IMG_4542.jpg
【2840M 817系+813系 肥前竜王~肥前鹿島 間】

続いて「白いかもめ」です。
IMG_4553.jpg
【2012M 田園地帯を行く「白いかもめ」】

天気も良く眺めがいいので、とてもいい場所です♪
予定の集合時間に間に合わなくなるので、この辺で朝の撮影は終了です。

最後に、最近東多久駅で撮影した夜のキハ47です。
IMG_4567.jpg
【キハ47-136 47-128】

実は、まともにキハ47をバルブ撮影したのは、初めてだったりします…(笑)
久しぶりの「鉄分補給」でした。(笑)





岡山係留飛行
久しぶりの記事更新です。 最近なにかと忙しく、ゆっくりと記事を書く
時間がありませんでした…。

ちょっと遅くなりましたが、先日の土曜日~日曜日にかけて岡山まで熱気球の
係留飛行に行ってきましたので、今夜はその時の事を書きたいと思います(汗)

佐賀を出発したのが土曜日の朝7:00。 高速道をひた走り、予定では14:00
までには岡山市内に到着する見込みです。

天気予報通り、福岡市を過ぎた頃から本降りの雨になってしまいました。
予報では岡山市内も夕方まで降り続く予想です…。

途中休憩も含みますが、雨の中の走行で予定より少し遅れて岡山市に到着。

係留の会場となる某学校の校庭に着きましたが、まだ小雨が降っており、寒冷
前線の通過に伴う南からの強風が吹いており、残念ながら夕方のバルーン係留は
難しいようです。

せっかくですので、学校の体育館を借りて屋内で球皮を広げてインフレーター
(送風機)で膨らませて、会場の子供達に実際に気球に触れてもらいながらの
交流会となりました。

翌日の日曜日、昨日の雨が嘘のような快晴となり風も穏やかで、まさしく
「バルーン日和」です(笑)

okayama-hiroshima 001
【係留飛行中のまもるくん5号機】

会場も小高い丘の上のグラウンドでしたので、眼下には岡山市内が一望でき
とても眺めがいい所でした。
okayama-hiroshima 002
【岡山市内の眺め】

約90名の子供さん達を気球に乗せ、無事に係留飛行は終了しました。
初めての熱気球体験で、楽しんで頂けたかと思います(笑)

九州へ戻る途中に、倉敷市にある「美観地区」に立ち寄りました。
TVやガイド本では見たことはありましたが、初めての場所です。
okayama-hiroshima 003
【倉敷・美観地区】

江戸時代の商家や蔵が立ち並び、今でも当時の面影を残しており、白壁と掘割や
柳の並木が美しい街でした。
okayama-hiroshima 004

okayama-hiroshima 005

約1時間ほど美観地区を散策し、次の目的地は広島県呉市にある
「大和ミュージアム」に向かいます。

倉敷市から約3時間かけて呉市まで移動。 途中国道2号線を福山まで
走りましたが、疲れもあってさすがに遠かったです(疲)

なんとか「大和ミュージアム」に到着(汗)

大和ミュージアムの建物の前にはなんと巨大な潜水艦が?? 
そちらの方が気になってしまいます(笑)
okayama-hiroshima 006
【海上自衛隊呉資料館】

どうやら潜水艦の内部は海上自衛隊の資料館になっているようです。
実物の大きさと同じかどうかは判りませんが、とてもインパクトがありました。

okayama-hiroshima 007
【大和ミュージアム】

閉館の時間まで1時間弱しかありませんでしたので急いで見学しました(汗)

中に入ると、まずは巨大な「戦艦大和」が目に入りました。

全長26.3メートルもある10分の1戦艦「大和」は、設計図や写真、潜水調査
水中映像などをもとに、可能な限り詳細に再現されているそうです。

okayama-hiroshima 009

okayama-hiroshima 011
【戦艦 大和 10/1スケール模型】

他にも、零式艦上戦闘機62型や人間魚雷「回天」などの実物資料が展示してあり、
戦争の悲惨さや平和の大切さを伝える為のコーナーもありました。

okayama-hiroshima 010
【零式艦上戦闘機62型と特殊潜航艇「海龍」】

戦艦大和の出撃前に、乗組員が家族に宛てた実物の手紙(遺書)も展示
してありましたが、読んでいるうちに段々と胸が熱くなってしまいました…(涙)

戦争で犠牲になられた方々の礎の元に、今の平和な日本があるんだなぁ~と、
自分ながらに感じさせられました…。

今回はあまりゆっくりと見学できませんでしたが、機会があればまた見学したいと
思いました。

okayama-hiroshima 008
【大和ミュージアムから見える呉港の様子】

※ミュージアム内では写真撮影可ですが、フラッシュの使用は禁止です。


















追憶
最近は朝晩はとても涼しく、とても爽やかな晴天が続きます。
空を見上げるともう秋の雲が広がっていました。

昨日も夕焼けが綺麗でしたが、今日もいい感じ?の夕焼けになりそうです(笑)

今夜は鉄から離れて、地元の風景を紹介したいと思います。

多久市は以前「炭鉱の町」として知られ、当時は活気があって賑わっていたそうです(懐)

「黒いダイヤ」とまで呼ばれていた石炭ですが、時代の流れとともに石炭から石油
エネルギーへと転換期に入ると、市内にあった多くの炭鉱も次々に閉山となりました…。

その遺構として昭和42年に閉山された、「三菱古賀山炭鉱」跡に、鉄筋コンクリート造の
竪坑櫓(たてこうやぐら)がほぼ当時の姿のまま今も残されています。

IMG_4402.jpg
【三菱古賀山炭鉱・竪坑櫓跡】

以前から夕日に染まる竪坑櫓を撮影してみたいと思っていました。
今回が初挑戦です(笑)

IMG_4396.jpg
【夕焼けに聳え立つ竪坑櫓】

この夕焼けの風景は、昭和30年代とあまり変わらないのかもしれませんねぇ…。
「ALLWAYS 3丁目の夕日」ならぬ「東多久の夕日」です(笑)

三菱古賀山炭鉱跡はこの竪坑櫓のみ残っているだけで、かってここに炭鉱が
あったと偲ばせる物はほとんどわかりませんでした。

間近で竪坑櫓を眺めていると、今でも石炭を吊り上げる機材の歯車の音が
聞こえてきそうな気がします…。

※石材会社の敷地内にある為、許可を受けて撮影しております。






最後の夏休み
8月もあっという間に過ぎ、9月になりました。  まだ日中は暑いですが、
朝晩はだいぶ凌ぎ易くなりましたねぇ~(涼)

夏休み最後となる31日、嫁さんも仕事が休みでしたので急遽チビ達を連れて
ドライブに出掛けることとなりました。

SLにチビ達を乗せてあげたいと考えていたので、当日の朝にSL人吉号の予約
状況をネットで確認すると、行きは満席で帰りの「人吉→熊本」が若干の空席が
あるようですが、BOXで座席が確保できる補償はありませんでした(汗)

なので、SL人吉号は次回のお楽しみという事で、今回は門司港のトロッコ列車に
決定しました。 ついでにいつもの唐戸市場に立ち寄り、にぎり鮨を食べに行くことに
なりました(笑)

自宅から高速で途中休憩を挟んで約2時間、おなじみの唐戸市場に到着。
IMG_4168.jpg
【唐戸市場入り口にある、ふぐ競り市のモニュメント】

IMG_4170.jpg
【下関・唐戸市場から眺める関門海峡】

土日祝日には、市場の中に鮨屋が軒を並べているのですが、今日は月曜日で開いて
いないので、2階にある回転寿しに立ち寄りました。

市場にある回転寿し屋なのでネタの鮮度は抜群のようで、平日にもかかわらず
11:00の開店と同時に店内はほぼ満席状態です(驚)

確かに某100円回転寿しとは違い、まいウ~!なのであります(笑)

早めの昼食を終えた後は、チビ達御用達の「九州鉄道記念館」に向かいます(笑)
IMG_4174aa.jpg
【九州鉄道記念館正面ゲートより】
IMG_4173.jpg
【門司港駅留置線停車中の415系】

この場所は、チビ達の大のお気に入りの場所です。 でも、さすがに5回目となると
少々飽きてしまいますが…(汗) でも、今日は家族(子供)サービス!!

夏休み最後の日ですが、相変わらず家族連れや子供達で賑わっています。

丁度お昼ご飯の時間帯なので、若干入場客は少ないと思いましたが、811系の
運転シュミレーションは人気のようですね(笑)
IMG_4182aa.jpg
【子供連れで順番待ちの運転シュミレーション】

ご存知715系ではなく、581系「月光」です(笑)
IMG_4193aa.jpg
窓枠と車内は715系に改造されたままで、当時普通列車で活躍していた頃の
姿を残していました。座席が広くゆったりと座れたので、当時の普通電車の中で
は415系よりは好きな電車でした(笑)

IMG_4197aa.jpg
【懐かしいです! 481系方向幕】

さて、鉄道記念館で時間を過ごした後は、本日のメインでもある門司港レトロ観光列車
「潮風号」の乗車です!

朝自宅を出発する前に、ネットで運行時間をチエックしていたので、乗車予定時刻
15分ほど前に「九州鉄道記念館駅」に向かいました。

しかし、なんか様子が変です…。 誰もホームや駅の周りにお客さんがいません。。

なにか、フェンスに貼ってありました。
IMG_4206aa.jpg

本日車両故障の為運休!!シ、ショックです…(涙)

なんということでしょうか…。 せっかく門司港まで来たのに…。

チビ達も楽しみにしていたのですが残念です。 そうしていると、駅の係員の方が
こちらに来て事情を説明してくれました。  なんでも今朝から機関車?の調子が悪い
ようで、朝一便目から運休しているそうです。 

記念に潮風号の3色ボールペンとパンフレットを頂くことが出来ました(笑)

チビ達はトロッコ列車に乗りたかったようで、せっかくなので門司港~下関往復の
ミニ電車旅行に急遽変更しました。

これで、チビ達も満足?してくれることと思います(笑)

IMG_4207aa.jpg
【門司港駅 0哩記念碑】

自分自身、門司港駅から列車に乗り、山陽本線で関門トンネルを越えるのは
約20年ぶりです(汗) 車窓から見る門司駅周辺は、昔と比べてだいぶ変わっていました。

下関駅では、なんと415系国鉄色のfm-5編成が留置線に停車していました。
どうやら門司から乗車してきた415系1500番台に連結して、折り返しの肥前山口・早岐
行きとなるようです。

IMG_4211aa.jpg

IMG_4219aa.jpg
【415系国鉄色 下関駅にて】

列車の連結作業をチビ達と一緒に見学していたので、発車までの余裕がなくなって
しまい、反対側のホームから国鉄色の編成写真を撮りたかったのですが諦めました。

IMG_4216aa.jpg

もちろん、帰りは国鉄色に乗車しました(笑)

途中乗り換えの門司駅では、銀釜引きいるチキに遭遇!
少々疲れてホームのベンチに座って「ボ~ッ」としていたので、肝心な時に撮り逃がして
しまいました(汗)
IMG_4222aa.jpg
【EF81-304号機とチキ3両 門司駅にて】

なんとか、ケツ打ちで撮影しました。 来ると分かっているならカメラ持って構えていた
のですが…(笑)

往復で約50分の電車の旅でしたが、関門トンネルをくぐったり見慣れない電車を見ることが
できたようで、チビ達も満足してくれたようです(汗)

でも、さすがに今日は疲れました…(疲)